世界を車で駆け巡る海外旅行、海外で運転して周るドライブの旅


今回のテーマは、

世界を車で駆け巡る海外旅行、
海外で運転して周るドライブの旅

について紹介します。

車好き、ドライブ好きにとって
たまらないアクティビティとなる、

世界を車で駆け巡る海外で
運転して周るのドライブの旅

と言うのは興味深い旅行プランとなります。

日本では東京で車に乗り、
首都高などで渋滞に捕まると

ただ考え事をするための
箱の役割しか無い気になります。

景色を楽しんだり
運転を楽しむ余裕は
忘れてしまいがちです。。

でも世界に旅立てば、

例えばアメリカやヨーロッパの
ハイウェーを走れば、

車の性能がハンドルから
ひしひしと伝わってきたり、

走りに熱中できます。

運転中の景色は新鮮で
ドライブの目的地も刺激的です。

車好き、ドライブ好きの人なら
なおさらですね。

海外移住や旅をした際は
ドライブを楽しむのも一つの手でしょう。

世界各地のドライブコースを
紹介すると、

膨大な量になってしまいますが、

ここでは代表的な、
欧米のドライブコースを
いくつか紹介してみましょう。

マイアミを車で駆け巡るドライブの旅

カリブ海のきらめく太陽のもと、
まるで海の上を走っているかのような
感覚にしてくれるのが、

アメリカのハイウェー1号線で、

日本車のコマーシャルなどでも
目にする事の多いコースです。

フロリダ州南端の大都市
マイアミから半島の先端と進むルートは

島と島をつなぐ橋を渡るうちに
視覚効果も相まって、

水面を走っているかのような
錯覚に陥るようです。

自動車大国アメリカでは
ドライブを楽しむために作られた
道路が全土に点在しており、

特にこの道はドライブ好きには
たまらないでしょう。

またマイアミは観光地も多く、
水族館や動物園など見所は満載です。

キーウエストでは
シュノーケリングも出来ます。

野球の大リーグのいくつものチームが
スプリングキャンプを張る地域でもあり、

「太陽と砂のリゾート」

と呼ばれるくらい、
快適な場所を拠点に

1ヶ月ほど暮らしてみても
遊びのネタに困る事は無く、

車があれば移動範囲は広がります。

全長270kmのドライブコースを
ダイナミックに隅々まで堪能してほしいです。
(もちろん安全運転で)

さらにマイアミから
キューバも目と鼻の距離なので

興味がある人は
キューバ旅行まで足を伸ばすのも良いでしょう。

アメリカでは大都市を拠点に置き
その周辺を巡る旅がドライブ旅では
興味深くなるでしょう。

車でヨーロッパを巡るドライブの旅

私の知人はヨーロッパ13カ国
レンタカーで約4万4000kmを
走破するドライブの旅をしましたが、

南仏ニースやモナコに拠点を置けば、

西側はスペイン、ポルトガルにつながり、

東に進めばイタリア、

北上すればドイツ、スイス、さらに
ヨーロッパ北部にまでアクセスできます。

パリまで約1200kmありますが、
フランス国内の高速道路の整備状況は
ヨーロッパ諸国で最も良いと言います。

ニースからマントンに至る
リビエラ海岸沿いのドライブコースは

断崖道路として世界中に知られ、
数多くの映画ロケ地に使われています。

恐らくあなたもこの場所での
カーチェイスの場面を

どこかで目にしているはずです。

またF1モナコグランプリは
公道を使用したレースとして有名ですが、

大きなヘアピンカーブを
自分で運転でドライブするのも興味深いですね。

ヨーロッパでは

時速150km走行が当たり前の状況です。

ハイウェーを利用すれば
200kmの移動に90分くらいしか
かからないので、

距離感がマヒしてきます。

その結果、つい走りすぎて
疲労が蓄積すると言う悪循環胃はまります。

しっかり体調を整える事が
旅を長く楽しむコツです。

スピードを追いかけず、
峠を越すたびに姿を現す
中世の町並みをじっくり堪能しながら

ドライブ旅行を楽しみましょう。

南仏からイタリアローマを目指すと、

フィレンツェを過ぎた辺りから
山上部分に築かれた中世山岳地帯都市
と呼ばれる小都市をいくつも探訪できます。

町の小さなレストランで食べる
パスタやピザは格別においしいです。

西に向かう場合、
ポルトガルのリスボンまで
足を伸ばすのも良いですね。

エッフェル塔の設計者
ギュスターブ・エッフェルさんの手による
鉄道箸を見る事が出来ます。

そこから北のポルトを
目指すドライブは

ヨーロッパの歴史を
紐解いていくような高揚感を感じます。

ゆっくり安全なドライブで
ヨーロッパを巡るのは面白いでしょう。

海外で運転して周るドライブの旅は
車好きには良い思い出になります。

海外でドライブ旅行をするときの注意点

冒険投資家として知られる
ジム・ロジャーズさんという人います。

彼は投資の世界で資産を構築し、
旅に出掛けました。

彼は計二回世界一周旅しているのですが、

一回目はバイクだけ、
二回目は車を使って世界を回った
人物として知られています。

その旅の過程はダイナミックで
学びが多い事でしょう。

ただ、誰しもが
真似できる訳ではないので、

まずは自分が運転したいと
思う国に行ってドライブを楽しむ
という事から始めるといいでしょう。

ここで、海外ドライブの旅で注意したいのが、

バカンスシーズンになれば、
窃盗団が出現する事、

駐車した車には絶対に
貴重品を残さないようにしましょう。

あまりに美しい景色に見とれているうちに
気が緩んで車から離れた隙に

車内の貴重品を根こそぎ持っていかれる
と言う事件も多発しており、

特に外国人は狙われやすいです。

プロの窃盗団にかかれば、
鍵を開けて車内を物色するのに

15~30秒しかかからないと言います。

なお国によっては
カーステレオを車から外して
持ち歩く事も習慣化さており、

それほど防犯対策には
慎重になるべきです。

なお運転の世界共通の基本は
安全運転ですが、

安全に走るためのマナーやルールは
各国で異なる場合があります。

それぞれの訪れる国の交通環境、
事情の違いを把握することは大切です。

また海外で運転する場合
国際免許は忘れずに申請しましょう。

以上、世界を車で駆け巡る
海外旅行のプランを参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>