バンコク中心にインドシナ、アジア諸国を回る空路の旅行プラン


今回のテーマは、

バンコク中心にインドシナ、
アジア諸国を回る空路の旅行プラン

について紹介します。

タイの首都バンコクからは
タイ国内だけでなく、

インドシナ周辺諸国に
無数の空路の便が飛んでいます。

バンコク中心にアジア諸国を
回る空路での旅行のプランを
今回は紹介していきます。

もともとバックパッカーが
目指した聖地、タイのバンコク
カオサンロードですが、

いまではLCCの出現で、
航空券の手配のメリットがなくなり、

カオサンをまず訪れる文化は
なくなってきましたが、

やはりタイは旅先として魅力です。

バックパッカーの
節約重視旅行だとしても

陸路だけでなく、ときには
飛行機を使った空路を上手く
組み合わせる事で

効果的な旅行ができます。

スポンサーリンク

アジアを回る空路の旅行

旅行のスタートはバンコクです。

バンコクは東南アジア航空網の
中心的な場所で、

様々な都市と航空路線で
結ばれているので、

これを活用すれば
効率的な旅行プランを立てられます。

つまり日本からバンコクに入り、

バンコクからアジア各地を
陸路、空路で旅し、

さらに最後にバンコクに
飛行機で戻ってくる

というものです。

陸路での旅行の面白さを
満喫しつつも、

日程を節約したいときは
片道だけ空路を使えば、

時間を節約する事ができます。

例えばこんなプランを立てられます。

バンコクから、
カンボジア、ベトナムと

世界遺産やビーチ、大都市を
巡って旅をします。

ベトナムを北上してゴール地点は
首都のハノイ

ここから飛行機でバンコクに戻り、
日本に帰国します。

他には、

マレー半島を南下し、
タイ南部の島々やマレーシア、
シンガポールをたどり

シンガポールから
バンコクに空路で戻り帰国、

或は、

タイ中部、北部を旅したら
国境を越えてラオスへ、

そして中国と陸路で北上していきます。

そして中国を陸路で北上していく。

大理や麗江といった
雲南省の観光地を巡り、

昆明がゴール。

ここから飛行機でバンコクに帰り
日本へ帰国。

こんなプランを立てれば
アジア中を周遊する事ができます。

帰路に飛行機を利用するのでなく
往路を使うのも良いですね。

バンコクからまず遠く離れた
場所まで飛行機で飛んでいき、

そこから陸路を伝って
バンコクを目指すと言うプランです。

空路しか行けないアジアの国

未だに飛行機の空路でしか
入国できない国もあり、

それがミャンマーです。

1日から数日限定で
国境やその近辺だけに滞在する事を
許されている場所もありますが、

陸路で国境を越えて
本格的に旅する事は認められていません。

ミャンマーに行く旅行者の多くは、

バンコクやチェンマイから
空路で向かいます。

バンコクとミャンマーの
首都ヤンゴンの間は

エアアジアも飛んでいます。

ミャンマーでは
世界三大仏教遺跡の一つ

パガンや古都マンダレー
インレー湖など見所は多いですが、

インフラは未整備なので
移動が大変です。

都市間の移動に10時間、
20時間とかかる事もざらなので、

国内線の空路を使えば
時間を節約できます。

軍事政権下の閉ざされた国ですが、

だからこそ外国人ズレしておらず
アジアの素晴らしさを感じれます。

非常に親切で優しく
礼儀正しい人が多いです。

ただ、反政府デモなど
発生する事もあるので、

情勢は気をつけたいですね。

そう言った情報収集は
怠らないようにしましょう。

アジア周遊パスは旅行に便利

また空路でアジアのインドシナ半島を
周遊する場合に

非常に便利なのが

ディスカバリー・エアーパス

と呼ばれるもの。

これはラオス航空、バンコクエアウェイズ
などが共通で発行しているクーポンで、

バンコクを始めとして、

リゾート地としての人気の
サムイ島、プーケット島、古都チェンマイ、
世界遺産の街スコータイ、ルアンパバン、
シェムリアップと網羅しています。

プノンペンやヤンゴンも
カバーしていて、

移動に時間のかかるラオスの
国内線も抑えています。

区間によって料金は
まちまちですが、

普通に購入するより安いです。

それでもエアアジアなど
LCCには負けますが、

予約の変更やオープン発券にも
対応しているほか、

バンコクエアウェイズの
ラウンジも利用できます。

3~6区間の購入が可能で、
有効期間は2か月、

興味がある人は
旅行会社に問い合わせてみてください。

バンコクから利用できるLCC

バンコクにも様々なLCCが
乗り入れられているのですが、

最も有名なのがエアアジアです。

他にも、

タイ航空傘下のノックエア
ワン・トゥー・ゴー航空など
数社ありますが、

ノックエア以外は
安全性に問題があるとされているので、
利用の際はよく考えた方が良いでしょう。

また、フィリピンの格安航空会社である
セブパシフィック航空も
バンコクに乗り入れられています。

お得な料金と評判で、
関西空港にも乗り入れられていて、

関西地方から
フィリピン、バンコクと飛び、
東南アジアに向かう旅行プランは
大変人気と言えます。

以上様々なバンコク中心にプランを立てて
賢く空路、陸路を組み合わせれば
アジア諸国を楽しく回る事ができます。

アジアの雰囲気を存分に味わう
素晴らしい旅ができるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>