東南アジア放浪の旅、島国、リゾートを回る陸路でのルート作り

東南アジア放浪の旅、島国、リゾートを回る陸路でのルート作り
今回のテーマは、

東南アジア放浪の旅、島国、
リゾートを回る陸路でのルート作り

について紹介します。

旅慣れていない初心者でも
楽しめる放浪の旅が

東南アジア、インドシナ半島、
マレー半島などを周る放浪の旅です。

さまざまな島国やリゾート
まで足を伸ばすことも可能です。

そんな旅の陸路でのルート作りについて
(ときに空路、海路も使いながら)
今回は紹介します。

対を中心にインドシナ半島を
ぐるりと一周するルートは、
オススメです。

旅行者が多く情報が充実し、
治安やインフラも整備されていて、

見所がたくさんあり、
旅の魅力が満載です。

海外放浪のバックパッカーの
旅をしようと決断をし、

どこに行こうかとルートに悩んだ時、

リゾートを回れますので入門編としては
ぴったりの地域でしょう。

スポンサーリンク

タイを中心にインドシナ半島を旅する陸路ルート

まず入り口となるのが
タイの首都バンコクです。

ここで情報を集めたり、
必要な荷物を買い込むなどして、

旅に慣れておきます。

そしてまずルートとして向かいたいのが、

アンコールワットのある街
カンボジアのシェムリアップです。

壮大なアンコール遺跡の
観光を済ませたならば、

トンレサップ湖を
ボートで渡って首都プノンペンへ、

この辺りは治安に何があるので
夜遅くの外出は控えたいですね。

そして国境を越えて、

インドシナで最も活気に包まれた街、

ベトナムのホーチミンシティへ、

ボッタクリや詐欺に負けず
旅を続けましょう。

ビーチリゾートの
ブンタウやニャチャン、

世界遺産の街、
ホイアンやフエを経由し

山岳地帯を超えた先はラオスです。

東南アジア有数の山岳国で、
とても静かな国です。

首都のビエンチャンも
発展しつつありますが、

それでもタイの地方都市よりも
ずっと小規模な街です。

ビエンチャンからは
バックパッカーに人気の街
バンビエン、

さらに古都ルアンパバンに向かう
ルートが良いでしょう。

「アジアの純情」と呼ばれる
ラオスの素朴な無勢を堪能できます。

メコン川をボートで旅し、

到着した街フエサイからは
タイに抜けられます。

かつてヘロイン禍を巻き起こした
ゴールデントライアングルが
近くにありますが、

今では観光地です。

タイの事チェンマイやチェンライ

世界遺産のあるスコータイなど
によりつつ、バンコクに戻る…

こんな陸路を通るルート作りが
バックパッカーの定番と言えます。

東南アジアを組まなく回る旅

どの国も短期滞在であれば、
ビザは不要ですし、

各国に旅行者の集まる
安宿街やたまり場もあります。

特に苦労をする事もなく、
楽しく放浪の旅ができるでしょう。

ではインドシナ半島を回る
放浪の旅をする場合、

どれくらいの期間を
見積もっておくべきでしょうか?

先ほどのルートを回るなら
最低でも1ヶ月、

できれば2ヶ月は見ておきたいですね。

プノンペンからはメコン川を
北上してそのままラオスに抜け、

ベトナムを経由せずに
日程を短くすると言う方法もあります。

またバンコクから北上し、
チェンマイからラオスと行く、

逆ルートも可能です。

インドシナ半島をぐるりと一周し

放浪をしながら戻るバンコクは、

旅を始める前の感覚とは
ずいぶん違って見えるはずです。

そして旅の経験を通じ
様々な学びを吸収したあなたは

一回り大きくなった自分を
発見する事でしょう。

東南アジア、マレー半島放浪の旅

さらにビーチリゾートが好きと言う
人にお勧めのルートが

マレー半島の旅

出発地点はバンコクで、

ここから南下し、
プーケット、サムイ島、パンガン島、
タオ島など

好みによって様々な
ビーチリゾートを経由しつつ
マレー半島を下っていきます。

さらに国境を越えて
マレーシアに入国します。

この際、タイ南部の3県
(パッタニー、ヤラー、ナラティワート)

には近づかない方が無難です。

分離独立を目指す運動があり、
テロが多発しています。

マレー半島西岸の国境を
使えば安心のルートです。

マレーシアでもランカウイ島、
ペナン島、プルフンティアン島など

リゾートアイランドはいくつもあり、

首都のクアラルンプール、

世界遺産の街マラッカなどを経由して、

ゴール地点はシンガポールです。

東京並みの都市で、アジアでも
屈指の洗練された大都市で

旅の英気を養えます。

ここから旅を続けるもより、
ここをゴール地点にするのも良いですが

行く場所を少なくすれば、
マレー半島縦断の放浪の旅は、

一週間でも可能です。

二週間もあればもっと余裕の
ルート作りができるでしょう。

インドネシア島々を回る海路でのルート作り

東南アジアの旅では、

シンガポールやクアラルンプールを起点に、

島国を巡るのもお勧めです。

インドネシアの島々を
たどる旅も興味深いです。

こちらは陸路ではなく、

空海どちらも使う旅になりますが、

まずは飛行機でスマトラ島の
メダンに向かいます。

ここが旅のスタート地点で、

マラッカから船で向かうルートもあります。

スマトラ島では、

トバ湖などの大自然やパダン、
パレンバンと言った街を見て回ります。

美しいビーチや少数民族の
住む島々もあります。

海峡を越えてジャワ島に入れば、

首都ジャカルタも待っており、
そこからさらに東進し、

世界遺産でもあり仏教三大遺跡
のひとつである

ボブドゥールを観光、

その後はまたも海を渡ってバリ島へ、

アジア屈指のビーチリゾートですが、

バックパッカーの人気も高く、
ここからシンガポールやクアラルンプール
に戻るルートもオススメです。

期間は1、2週間をめどにします。

以上初心者にも優しい
東南アジア放浪の旅、

陸路でのルート作りを参考に、
興味深いプランを立ててください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>