海外への一人旅の日程、期間はできれば1ヶ月以上がオススメ


今回のテーマは、

海外への一人旅の日程、期間は
できれば1ヶ月以上がオススメ

について紹介します。

ツアーやパッケージの観光旅行では
味わえない感覚が得られるのが

一人旅の醍醐味ですが、

これぞ旅…と実感をしてくるには
ある程度の期間がいります。

海外への一人旅はできれば
1ヶ月以上がオススメです。

日程はあくまでざっくりしたもので良いですが、
あまり細部まで詰める必要はありません。

ただ、時間が許すなら期間としては
1ヶ月以上はじっくりと
旅をしてほしいです。

その方が得る事が多いからです。

2泊3泊、1週間の旅は

どちらかといえば旅行、

楽しく海外旅行を楽しむ

それも良いですが、

辛い事困難も乗り越え
自分の力で道を進んでいく、

そんな人生観の深く影響するような
一人旅をするならば、

やはり1ヶ月は時間を取りたいものです。

スポンサーリンク

一人旅の目安は「1ヶ月」

旅の期間は人それぞれ、

まずどれくらいの日数を旅する事ができるか

日にちを捻出する事から始めます。

社会人であれば、
長い日数を確保するのは難しいと思います。

それでも1週間程度であれば、
なんとか「旅気分」を味わえます。

それ以下の日数しかない場合であれば、
移動せずにひとつの都市に滞在する方が良いでしょう。

でもどうせ旅に出るのであれば、

最低でも1ヶ月の時間を
取れるように頑張りたいものです。

1ヶ月の時間をかけて旅をすると

「旅をしている」と言う手応えを
しっかりと感じられ

その国に暮らすような気分も
味わえるからです。

また、国境を越えて
いくつかの国を訪れて

文化の違いを味わう事も
十分にできます。

またトラブルに遭っても
旅程に余裕があるので

対処しやすいと言うものです。

慣れない初心者のうちは

1ヶ月もの期間を海外へ旅する

と聞くだけで
大変な事のように捉えてしまいがちですが、

実際に旅をしてみると、
本当にあっという間に時間は過ぎます。

1ヶ月と言うのは長いようで短いのです。

そして海外放浪をする
バックパッカーの多くは、

この1ヶ月を目安に
時間をかけて旅していますので、

誰でも簡単にできる事です。

そして1ヶ月な短いようで長くもあり、

旅を続けていくと、
日本での日常が遠ざかり、

やがて旅が日常と言う感覚に陥ります。

そこで色々な経験をし
色々な出来事に遭遇し、

何か人生で大きな刺激を受ける事ができます。

この経験は、人生の中で

たぐいまれなほど豊かで
充実した1ヶ月になる事を補償します。

目的地の気候をチェックする

旅の期間が決まったら、

次は季節を考えましょう。

南半球に行くならば日本と真逆ですし、

式がなく雨期と乾期にだけ
分かれている国もあります。

雨期であれば旅はしにくく、
出歩けない場所もあるので注意が必要です。

まず自分の行きたい国が
どんな気候なのかを調べておきましょう。

何の予備知識もないまま
訪れてしまうと、

美しい海が広がっているはずの想像が、

実際は連日の雨だったり、、
厳しい寒さであったり、

シーズンオフでホテルや
交通機関が休みだったりと、

色々大変な事もあります。

やはり雨期を避けた
その国のオンシーズンに
旅をするのがオススメです。

もし1ヶ月の時間を取るならば、
良いシーズンに行かなければ損です。

そう言った気候も考慮しながら、

日本脱出のプランを立て、
航空券の手配をするべきでしょう。

1ヶ月の一人旅のルートプラン例

では仮に1ヶ月の期間を確保して
一人旅に出掛けるとして

どれくらいの旅ができるのでしょう。

インフラ整備具合もありますが、

アジアを旅するのを
例にルートプランをするならば

1週間で2、3都市を訪れるのが限界でしょう。

つまり1ヶ月なら
10都市前後の都市を訪問できます。

ただこれはきつめのプランです。

不可能ではないですが、
実際に予定を組むのであれば、

もう少し余裕を持たせた方が良いです。

1ヶ月の一人旅ならば、

どうしても行きたい場所、

行かなくては行かない場所
(飛行機の出る場所)

を5カ所くらいピックアップ
するのがオススメです。

後はあまり細部まで旅程を詰めず、

その5カ所を巡り旅をしながら、

余裕があれば別の街に足をのばし、

或は日帰りや1泊程度で
違う街にいってみたりと、

幅のある旅ができます。

またせっかく海外を旅してるのだから、

あれも見よう、ここも行こうと

あれこれ予定を詰めすぎると、
現地に行ってから大変です。

予定をこなすだけで疲れ果ててしまいます。

特に発展途上国では
どんなアクシデントが起きるか分かりません。

旅の予定はたっぷりと
遊びを持たせておいた方が良いのです。

時間に拘束されない一人旅

細かな所までスケジュールを
決めてきっちりと旅をするのを好む人もいます。

が、1ヶ月以上の長旅では
これはお勧めできません。

一人旅をパックツアーで参加して
いるような気分になってしまいます。

また固めすぎると突然の
トラブルにも対処しにくく、

予定はあってなきがごとしの
気持ちで臨むのが理想で、

自由気ままに旅をするのが
バックパッカーの本来の姿です。

また最も贅沢な
海外放浪のバックパッカーの旅は、

片道の航空券だけ手配すれば、

そのまま帰る日付を決めず、
旅程も日程もまったく決めず
一人旅に出てしまう事、

すべて行き当たりばったりで、

資金がなくなるまで、
気の済むまで、
旅を続けるのです。

情報は現地で集め、
そのときの気分のまま好きな街に旅をする、、

そう言った旅人も実在しますが、

現実的にはまず日程、期間は
1ヶ月の一人旅を目指しましょう。

さらに、旅にのめり込めば、
誰もが一度は夢見る究極の旅が、

ユーラシア大陸横断、
南北アメリカ大陸縦断、

或は世界一周も夢見ますが、

なかなかできる人はいませんが、

ぜひ機会に恵まれたら
トライしてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>