海外へ一人旅する初心者、初めての放浪にオススメはタイかインド


今回のテーマは、

海外へ一人旅する初心者、初めての
放浪にオススメはタイかインド

について紹介します。

世界には様々な国があり、

そのどこでも味わえる
興味深い点があるのですが、

海外へ一人旅する初心者に
オススメはタイかインドです。

初めての放浪の旅には
おすすめの国と言えます。

日本人旅行者が良く旅していて
バックパッカーの定番になっている国です。

もちろん、魅力ある観光地や
居心地の良い街は

世界中に存在するのですが、

それを全部は紹介できないので、
まず一人旅の初心者にお勧めの
アジアの街を紹介します。

目的地、ルート作りをする際の
参考にしてほしいです。

スポンサーリンク

バックパッカーの聖地「バンコク」

まずは多くの日本旅行者に愛されている
タイの首都「バンコク」が

初めての一人旅初心者にお勧めで、

世界最大の安宿害である
カオサンロードを擁し、

旅の目的地としても、

また経由地としても
ここに立ち寄る旅人は多く、

具体的な行き先を決めず、
まずバンコクにやってきて、

現地で情報を集めてから
目的地を決めると言う人もいます。

これはバンコクであれば、
周辺国を始め、各国のビザが取得しやすい事、

アジアのハブ航空として
航空路線網が発達している事が
大きな理由のひとつと言えるでしょう。

バンコクであれば、
アジアのどこにでもアクセスしやすいのです。

また都市は適度に発展しているうえに
タイ人は人当たりも良く穏やかで

初めての一人旅でも、

すんなりとアジアに溶け込めるでしょう。

料理や自然、夜遊びなど
アクティビティが満載で

色々な楽しみができるのも
魅力のひとつです。

また親切な国民性がありながら、
注意が必要なスポットがあり
緊張感があるのも

旅に慣れる為には大切かもしれません。

どこに旅して良いか迷っている
のであればまずはタイのバンコクを
目指すのはひとつの手でしょう。

初心者に優しいインドシナ諸国

またタイはバンコクだけでなく、

地方も旅行者に人気で、

北部の村パイでは
のんびりと過ごしたり、

トレッキングをする
バックパッカーも多く、

長期滞在する日本人もいます。

また南部のビーチでは、
パンガン島が人気で、

フルムーンパーティーに
参加したり、

シュノーケリングや
ダイビングも楽しめます。

バンコクに他の都市を組み合わせ
タイを旅行するのが、

バックパッカーデビュー、
一人旅の初心者には

ちょうど適切と言えるでしょう。

またインドシナ半島に足を伸ばす
のもオススメで、

旅行者が多いのは
カンボジアのシュムリアップ

ここはアンコールワットへの
観光基点となる村です。

遺跡の魅力もさることながら、

カンボジアの農村の風情や、
人懐っこい子供たちなど、

どこかほっとさせれる素朴な
魅力に取り付かれる旅人も多く、

有名な日本人宿もあります。

また最近では旅行者も増えているのが、

ラオスのルアンパバン、

街全体が世界遺産に
指定されていて、

急激な観光地化に嘆く人もいますが、

それでもなおまだ
静かな古都の雰囲気をたぶんに残しています。

またベトナムに行けば、

ホーチミンには安宿街デタムがあり
訪れるバックパッカーも多いです。

これらインドシナ4カ国は
インフラ整備も進みつつあり、

陸路国境もたくさんオープンしていて、

治安も以前に比べて
だいぶ改善されています。

休息地点と言うべき安宿街もあり、
物価も安く、

こう言った理由から、
インドシナ諸国を初めての
バックパッカー一人旅として

初めての人も選ぶ人も多いです。

一人旅と言えばインド

そしてインドも一人旅の定番で、

極度の貧困や酷暑、
インフラが未整備な事による各種トラブルなど、

かなり旅としてはハードになりますが、

その分旅人に愛されてきた国です。

実際にインドに旅をすれば、

この国ほど旅の面白さを
体感できる国はないと言われます。

頭にきてむかつく事も多く、

かなり疲労困憊になる事も多いですが、

旅情豊かです。

英語の通用度が高いのもありがたい点です。

またどんな場所でも安宿街が充実していて

全土に列車とバスの
緊密な交通網を持つなど

旅をしやすい面もあります。

日本人の海外放浪の旅人に
人気なのが、

ガンジス川に面した聖地バラナシ

長期滞在する旅行者も多く、
旧市街は安宿街として機能しています。

ネパールも一人旅の行き先としては
評判が良く、

ネパールの過激な共産主義派であるマオ派
による騒動が一段落し、

旅行者も戻っていると言います。

首都カトマンズと湖畔の街ポカラで

のんびりくつろく旅人も多く、

カトマンズにも規模の大きい
安宿街があり、

バックパッカーの一人旅の旅人だけでなく、

世界各国からトレッカーたちが
集まりにぎわっています。

バングラディッシュやスリランカも
旅しやすく見所も多いですが、

日本人旅行者は少なく
初心者には適していないかもしれません。

中東ではトルコの
イスタンブールが人気で、

周辺諸国のビザ取得のために
長期滞在する人が多く、

居心地の良いゲストハウスや
日本人宿もあり昔から人気の街です。

初心者であっても、
どこへでも出掛けていってほしいですが、

まずは旅のしやすい国を目指し
(特にタイ、インドはオススメ)
海外へ一人旅に出掛けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>