シニアが海外へ一人旅をする際の用意、準備と注意点、心得

シニアが海外へ一人旅をする際の用意、準備と注意点、心得
今回のテーマは、

シニアが海外へ一人旅をする
際の用意、準備と注意点、心得

について紹介します。

若い頃海外放浪を経験し、
シニアになって再び旅にでる、

と言う人もいますし、

シニアになって初めて
海外への放浪の旅、
一人旅をする人もいます。

もちろんいくつになっても
旅から得るものは多いので、

いくつになっても
旅に出てほしいと思いますが、

やはり若い頃とは用意、準備の仕方も
旅のやり方も異なってきます。

シニアの特質は以下の4点、

・体力、記憶力が低下している

・時間があまり残されていない

・比較的金銭に余裕がある

・分別がある

この4点を考慮して
旅のプラン、準備の
注意点を紹介しましょう。

スポンサーリンク

海外旅行傷害保険への加入

若い人は保険に入らずに
旅に出る人もいますが、

やはりシニアが一人旅をする際は
保険の加入は必須です。

加齢とともに
不測の事態は起こりやすいものです。

ただしアドバイスできるのは、

保険の掛け方は、
死亡への掛け金を少なくし、
病気に絞った掛け方をしましょう。

そうすれば1年の保険で
8万円ほどに抑えられます。

旅先で狭心症になり、
緊急入院で治療費が220万円
にもなったあるシニアは

保険に入っていたおかげで
4万の出費で済んだと言います。

現地で慌てる事がないように

訪問先の病院事情も
できるだけ調べておきましょう。

シニアの一人旅の際のお金について

若い頃のような貧乏旅行を
する人はいないでしょうが、

お金に余裕ができた分だけ、
心の好きも大きくなっている
可能性が高いです。

お金の管理は大切です。

シニアの海外への一人旅では

防犯のためにも
あまり現金を持ち歩くよりも

十分な残高の国際ATMカードや
クレジットカードを用意し持参するべきです。

まさかのときの緊急帰国など

シニアの旅には
急に高額の費用が必要になる事があります。

そのためのカードは複数用意しておく事です。

シニアの海外一人旅のプランの立て方

「的を絞った旅を心がける」

若い事は気分にまかせ
辺境な地や少し危険な地域に行くのも良いでしょう。

しかしシニアの旅の場合、

リタイアに相応しく、
本当に行きたい所に的を絞って
目的地を選びましょう。

事前の下調べは、
若いときより綿密に行う事です。

『夕方5時までに投泊できる日程を組む』

またシニア旅は疲れやすいので、
夜はしっかり休むようにしましょう。

体力の維持こそが
長く楽しく旅を続ける秘訣です。

旅に出るとついつい
無理をしてしまう事もありますが、

夕方は5時までに宿に着く、

と言う事を頭においておき、

30分ほど休み、夕食に出る、

8時から9時には宿に戻る、

それから入浴したり
地元のテレビを見たり、

と部屋で休む

と言うプランが無難でしょう。

『同じ宿に二泊のスケジュール』

また宿は連泊できるように
スケジュールを組んでおきましょう。

別の土地から土地に移動して

移動してひとつの街に着く

その翌日は、その街の観光に当て

出発はその次の日と言う
余裕のある日程を組みます。

体調が良ければ、

予定通り観光し、
疲れてきたら休養日に、

交通機関の遅れなども
この1日があれば吸収する事ができます。

シニア海外一人旅における宿の注意点

海外放浪は
ゲストハウスやドミトリーなど
安宿を活用するのが醍醐味ですが、

貧乏な若者のバックパッカーの旅と違い

お金に余裕のあるシニアは
ちょっと上のクラスの宿に泊まりましょう。

そして時に安宿に挑戦する
と言うプラン害でしょう。

蚊やダニのいる安宿は
安眠の妨げになります。

それよりも旅を続けながら

ゆっくりと湯船につかり、

優雅に朝食をとれるような
宿に泊まり、

英気を養いましょう。

シーツのぱりっとした宿は
虫などの心配も少ないです。

『一つの街に長く滞在するときは
体力を温存する』

気候の違いなどもあり、
旅行中はどうしても疲れが溜まります。

とにかく健康、体力に
気を使うのが旅を続ける最大の
心得となるのです。

一カ所に留まるときは

昼寝をして休んだ方が、
その後時間を有効に使う事ができます。

『夜の活動はほどほどに』

夜遊びは気が緩む事になりかねません。

若い頃の体力も年を取って
聞かなくなっています。

お酒を飲み過ぎたり
夜遊びは程々にしましょう。

そう出なければ
いざと言う時頑張れなくなります。

シニアが海外一人旅を楽しむための心得

『カリカリせず旅の不便を楽しむ』

異国での経験は
日本のものとまるで違います。

そこでカリカリしても
何の得にもなりません。

むしろ違いを楽しむ余裕を見つけましょう。

若い頃に比べれば
多少の心に余裕もできています。

旅の不便もそんな姿勢で臨む方が良いです。

『標高の高い所に行くときは
低酸素症にならない準備を』

また中国など3000メートル級の
高地に出かけるときは

酸素ボンベを用意した方が安心です。

若い頃同じように
高地に出かけたときは大丈夫だった
と言って安心は禁物です。

加齢とともに思わぬ自体に
なる事もあります。

得る事の大きい一人旅ですが、
しっかりと準備も必要という事です。

シニアの方が海外へ一人旅を
する際のには、

以上を参考に、

しっかりとした用意、準備をして
注意点、心得を守りながら
楽しく旅をしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>