海外の旅における現地の人とコミュニケーション術、ふれあい術


今回のテーマは、

海外の旅における現地の人と
コミュニケーション術、ふれあい術

について紹介します。

話し合い、理解し合うのは
本当に素晴らしい事です。

現地では向こうから日本語で話しかけてくる
不自然な詐欺師や泥棒もいます。

が、もちろん
悪人ばかりではありません

旅を通じてたまたま
話を下現地の人と話が弾み
一緒にご飯を食べたり

ホテルで知り合った
外国の旅人と意気投合して
一緒にしばらく旅をしたり、

そういった人の中には

今でも連絡を取りあう
一生の友人もいたり、

或は旅をきっかけに知りあい

恋人関係になったり
結婚に発展するカップルもいます。

観光地を巡ったり
おいしい食べ物を食べる…

というのもちろん素晴らしいですが、

出会う人々との交流こそが
旅の醍醐味です。

最もその国の文化や風習などを
味わう事ができるからです。

だからこそ海外の旅における
コミュニケーション術、触れ合い術

と言うのは大切になります。

その際、気になるのは言葉…

という人もいるでしょうが、

簡単な会話程度なら、
語学を習得するのはそれほど難しい
ことではありません。

語学に関してはこのサイトでも
紹介して行くつもりですが、

学校英語で苦手な意識を
植え付けられているだけです。

旅をして人と触れ合う中で
外国語を話したいと言う

モチベーションも上がるでしょう。

とはいえ、言葉だけが
コミュニケーションではありません。

片言で、単語を並べる程度の
簡単な英語でも

旅をするには十分です。

しかし現地の人々に
興味を持ったならば、

その国の言葉を勉強してみるのも良いでしょう。

しかし言葉を超えた
コミュニケーション能力が上がるのが

旅を長く続けた旅人が持つ
特権の一つと行っても良いかもしれません。

海外放浪の旅における語学

大半のバックパッカーの語学力は、

片言の英語くらいでしょう。

それでも十分に旅ができます。

安宿街や観光地であれば
英語は通じますし、

田舎町に行っても
ゲストハウスでは英語でOKです。

もちろん英語も通じない
場所もありますが、

片言と身振り手振りでなんとか
通じるものです。

一方で、現地人や欧米人旅行者と
上手くコミュニケーションが取れなかったり、

言いたい事が言えずに
くやしい思いをする事もあるでしょう。

そんな経験が、語学を
学ぶきっかけになった人も多くいます。

私もその一人です。

中学高校とあまり
勉強ができず英語が赤点でも

「そんな事気にしなくていい」

と言う態度だった私も、

旅をして現地の人、外国人との
ふれあいを通じ、

英語の重要さを実感しました

少しでも英語ができれば
旅は何十倍も面白くなると、

帰国後一念発起して英語を取得し、

さらに他国の言語にも挑戦、

今ではすっかり語学マニアになっています。

さらにより良い
コミュニケーションをとるには、

やはり現地語が必須でしょう。

ガイドブックの巻末に記載された
簡単なものでも、

現地では多いに受けます。

英語以外の言語を使う日本人は
珍しいので、

少しでも話ができれば
一気に仲良くなれます。

いまならスマホでたくさん
便利な機能があると思います。

『旅の指差し会話帳』(情報センター出版局)
も役に立つでしょう。

これはiPhoneのアプリもあり、
大人気のコンテンツになっています。

下手な言葉でも
積極的に喋っていく事で
コミュニケーションは成り立ちますので

臆せずどんどん話しかけてみましょう。

現地の人との触れ合い術も
うまくツールも活用して
楽しみましょう。

海外の旅における言葉以外のコミュニケーション術

コミュニケーションの方法は
言語だけではありません。

自分の得意なスポーツや
歌や楽器、或は絵を描いたりする事など

言葉は通じなくても
意思疎通したり感じたりする事は
可能でしょう。

サッカーが大好きで

旅先には必ずサッカーボールを
持っていく旅行者もいます。

一人でボールを蹴っていれば
どこからか子供たちが集まってきて、

一緒になって無邪気に遊んだりします。

これも立派なコミュニケーション手段です。

あるいはギターや楽器を持ち
旅を続ける人もいます。

歌詞が分からなくとも

歌ったり踊ったりと言った表現は
どの国にも存在し、

ノンバーバルコミュニケーションを
する事ができるのです。

そこには言語を超えた
コミュニケーション、異文化の触れ合いが
存在します。

それが旅の楽しみの
一つでもあるのです。

また手品が得意で
手品道具を常に携帯している
バックパッカーも実在します。

なんでもいいので、

自分ならではのコミュニケーション手段
を持って旅に出るのも良いでしょう。

旅の楽しみは何倍にもなるでしょう。

現地の人たちとの
濃密な交流こそ

バックパッカー旅行の大きな魅力の
ひとつでしょう。

もちろん、良い人ばかり
ではないのも事実です。

安易に気を許して騙されるケースもあり、
その辺りは注意しながらも、

大胆さと用心深さを兼ね備え、

ぜひ現地の人たち、異国の旅人仲間と
ふれあい、友人となり

コミュニケーションをしていってください。

以上、海外の旅における現地の人との
コミュニケーション術、ふれあい術
について参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>