海外旅行でトラブルがあった際の日本大使館の役目役割、活用法

海外旅行でトラブルがあった際の日本大使館の役目役割、活用法
今回のテーマは、

海外旅行でトラブルがあった際
の日本大使館の役目役割、活用法

について紹介します。

前回まで、旅先における
トラブルの回避法や対処法を
紹介してきました。

滅多に起こる事ではなく、
もちろんお世話にならないのがベストですが、

大使館に頼るという
選択肢も考えておきましょう。

ただ実際の所、

いざという時の駆け込み寺
日本大使館は頼りになるのでしょうか。

…何とも言えない、、のが
現状のようです。

私自身幸運なことにこれまで
現地の日本人大使館にお世話に
なった事はないのですが、

基礎知識としては知っておくと便利です。

今回はそんな大使館や領事館との
つき合い方について

海外旅行でトラブルがあった際の
最後の手段としての日本大使館の
役目役割そして活用法

について紹介しましょう。

スポンサーリンク

海外でもお役所はお役所

2016年、日本の在外公館数は215
と、ほとんど世界中にあるようです。

大使館は基本各国の首都におかれ

外交員としての仕事、
ビザやパスポートの発給以外に、

『滞在先での自国民の保護といった
援助などの領事サービス』

が業務目的の一つです。

だから海外を旅していて
万が一トラブルに巻き込まれ、

現地でどうにもならなくなった場合、

頼りになるのが
日本大使館や領事館です。

ただし、あくまで
お役所なので海外を放浪の旅をする
バックパッカーは

期待しすぎないようにしたいものです。

旅をしていると

詐欺や盗難、強盗に遭い
お金がなくなってしまった、、

或は病気でもう
前進できそうもない、、

または紛争が始まりとても
旅行を続けれられない…

様々な理由で
旅を断念せざるを得ない場面が

ごく稀ではありますが
出てくる可能性があります。

そんな緊急事態で、

まず頼りにしたいと思いつくののが
大使館や領事館と言った

日本の在外公館です。

紛争時むしろ外国の大使館に頼るべき?

紛争などののリスク、
天災などの被害にあった場合、

海外放浪の旅人でも、

国外に滞在している日本人を
助ける唯一の機関である以上、

日本大使館も何らかの
援助はしてくれるでしょう。

ただ、危険地帯に
そうと分かっていながら入った場合は

この限りではありません。

もちろん保護は
してくれるかもしれませんが、

その後は、マスコミを通じ
国民総出の大バッシングを
受ける可能性もあります。

日本大使館に行けば
すべて解決と言う思い込みは
しない方が良いでしょう。

やはり役所は役所なのです。
堅苦しい対応は避けられません。

万が一、紛争が起きた場合は
むしろ他国の大使館の方が
頼りになると言う意見もあります。

逃げ込んできた外国人を国籍問わずに保護し、

救援機で逃がしたと言う話は
欧米では当たり前です。

もちろん言葉はできると言う前提で、

日本と友好関係にある
大使館も万が一の際には
選択肢の一つとして入れておきましょう。

海外旅行の最中にお金がなくなってしまったら

実際の所、日本大使館にお世話になる
可能性が最も高いケースは、

パスポートを無くしたり、
盗難されてしまったりするケースです。

唯一の身分証明であり、パスポートがなければ
日本に帰国することができません。

そう言った場合は大使館に行き
所定の手続きが必要です。

あるいは、お金を借りると言う
ケースも考えられます。

なお、バックパッカーの旅人が
お金が底をついてしまった場合、

どうすれば良いのでしょうか?

知り合いの旅行者に
借りる人もいます。

また、大使館でも
緊急時に限りお金を貸してくれる事が
あるようですが、

これは大使の裁量によります。

現在はなかなか難しいようです。

すぐにお金を借りることが
出来るわけではなく

当然返済の義務が生じます。

大使館に頼るその前に、

家族や親族などに連絡を取り、
国際送金サービスなどを使い
金銭的な援助をしてもらうようにするのが一般的です。

そう言った事が出来ずに、
法律の要件が満たされたと判断された場合に、

大使館からお金を借りることができます。

ちなみに、無事に帰国したら
当然返済をする必要があり

この返済をしないと、パスポートの発行が出来ず、
海外旅行にも行けなくなるので

きちんと返済は忘れずに行ってください。

もちろんこういったトラブルがないように

海外旅行の際には、日本にいるのと
同じ感覚で旅行をするのではなく、

貴重品の管理や
海外旅行保険に入っておく
盗難対策をしておく

と言うのが前提になります。

また様々な理由で
どうしても旅が続けられなくなったら…

これはもう、帰るしかないのです。

日本大使館の役目、役割、活用法は
旅人にとってそれほど大きくありません。

海外旅行でトラブルがあった際は…

無理に旅を続けるのでなく

とりあえず
日本に帰国しましょう。

病気、国際情勢、トラブル
原因は色々でしょうが、

こればかりは仕方ありません。

これまで海外旅行に置けるトラブル
をいくつか紹介してきましたが、

対策できる部分と
対策できない部分があります。

どうしようもない場合、
旅は逃げる事はないので、

日本で英気を養い、
再び旅立てる日を待ちましょう。

そして自体が落ち着いてからまた
旅に出れば良いのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>