営業におけるコミュニケーション、オープニングトークの重要性

営業におけるコミュニケーション、オープニングトークの重要性
今回のテーマは、

営業におけるコミュニケーション、
オープニングトークの重要性

について紹介します。

最初が肝心という言葉があります。

セールスマンにとって

第一印象が大切と
以前紹介しましたが、

営業において、特に飛び込み営業では
オープニングトークの重要性は
かなり高いと言えます。

営業における、
オープニングトークというのは

お客さまの聞く姿勢を作るための
前置きトークの事です。

セールスマンは、つい
気がせってしまい

面談室に入るや否やすぐに
商品説明を始めたくなりますが、

お客様は心の準備ができていません。

聞く姿勢が整っていなければ
セールスマンの説明は無駄
になってしまいます。

まずは聞く姿勢を持ってもらう、

ここから少しずつ相手の
心に入って行くべきなのです。

スポンサーリンク

営業におけるコミュニケーション

どんなメリット、相手に
とってのベネフィットがあっても

聞く耳を持たれなければ、
それは効果的には伝わりません。

セールストークの成功と失敗は、

まさしく最初が肝心なのです。

また、店舗販売と違い、
こちらから営業をしている場合、

お客さんはこちらが待っていれば、
勝手に話し始める事はありません。

中には、罵声をあびせられたり、
クレームを言われたり…

と言う事もあります。

だから先方から積極的に
話してもらうように、

こちらが上手く働きかけていく必要があるのです。

相手の顔色を伺いながら、

適切なオープニングテーマで
つかみの会話ができるようになれば、

その場を印象付けられるようになります。

優秀な営業マンほど、
どんなお客さんにも対応できる、

コミュニケーションスキルを身につけています。

営業ではオープニングトークが重要

飛び込み営業では第一印象が大事です。

しかし、自分の思った通りに
お客様は話しを聞いてくれません。

そこでオープニングトークが
重要になるのです。

「お時間をとって頂き
ありがとうございます」

「今日はどれくらいのお時間
大丈夫でしょうか。

1時間くらいはよろしいでしょうか。」

このように働きかけることで、
お客さまも「真剣に説明を聞こう」
と姿勢を正します。

お客さまの反応を確認してから
プレゼンテーションに入る事は、

重要な意味を持つのです。

ときにはオープニングトークで
このような質問も効果的です。

営業マンのコミュニケーションと自信

「今日はなぜ面会の時間を
取っていいただけたのですか?

ご期待にお応えすることができましたら
良い返事をいただきたいと思います。」

など面会の理由を聞くなんて
大胆すぎると思う人も多いと思いますが、

これで自信をアピールすることができます。

自信の見せ方一つでも

「優秀なセールスマンなんだ」

とお客様に一目置かれる
契機にもなります。

セールスマンの真剣さが伝われば、

お客様も「今日、決断しなくては」
という気持ちになります。

中には「今は必要ないと思いますが、、」

などときりだすセールスマンもいますが、

これはプレゼンテーションの準備不足や
商品知識の不足からくる自信のなさを物語ります。

これではお客様に
信頼してもらえるはずがありません。

最初から逃げ腰で臨まないことが、
営業では大切なのです。

仕事でも恋愛でも第一印象が大切

恋愛においても、ナンパや
合コンで女性モテる男性は、

最初の会話のきっかけ
そしてその態度を大切にします。

コミュニケーションというのは、
色々な要素で成り立っています。

自信なさげに街で声をかけられたら
どんな女性でも引いてしまいますね。

自分は恋愛するに値する男だ
というアピールが大切です。

営業も自信を持って臨みましょう。

自分が勧める商品を購入すれば、
人生が良くなるという、

自信が成約につながるのです。

そして、飛び込み営業の

成功率は100%では
ない事を知る事も大切です。

誠実にアプローチした結果、
お客様が話を聞く気がない、

と察知した場合は潔く
仕切り直しをすれば済むのです。

コミュニケーションスキルを高め、

相手の心の鎧を逃せ、
自信をアピールできる

そんなオープニングトークを
ぜひとも身につけて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>