「 月別:2018年02月 」一覧

赤ちゃんに自覚が芽生え、自分を認識する時期はいつから?

自分を自分で認識する、 私たちにとってはごく当たり前 なこの行為ですが、 実は脳が発達していないと できないことと言います。

記事を読む

親子の絆が確立するのはなぜ?愛着、アタッチメントの定義

愛情…という神秘的なものを 学術的に分析するのは不可能でしょう。 しかし心理学から見る 見解には一定の効果があります。 誰し

記事を読む

産声から喃語、初語へ赤ちゃんの言葉の成長と発達の意味や特徴

大人になれば無意識に 当たり前のように、 言葉を操っているわけですが、 これは長い時間をかけて じっくりと成長してきた結果で

記事を読む

ユダヤ人の親バカになる過干渉教育の特徴、放任主義との違い

子供の教育に親がどれだけ 関心を持ち干渉するか。 多くの日本人の親は 考えてしまうことでしょう。 前回紹介した、 「引

記事を読む

知識と知恵、体験から学ぶ事、机上の空論の違いと子供の教育

人間社会では「賢さ」というのは 一つのステータスでしょう。 成功者、人気者、影響力など、 社会にインパクトを残す 大切な要素にな

記事を読む

葛藤を通じ子供の才能を開花させる、気だての優しい人の育て方

人間関係を通じて学ぶ ということはたくさんあります。 そして今築いている人間関係を 思い返してもらえば分かるように、 濃い関

記事を読む

子供は腕、手先や指先を器用に使う経験で脳、知能が伸びる

だいたい、1歳から3歳ころになれば、 子供は手を使って ものを切ったり、打ったり、出したり、 入れたり、貼ったり、折ったり、

記事を読む

子供の観察力・注意力を鍛える脳、興味や関心を伸ばす方法

1歳から2歳頃に 子供は大人が気づかないような 小さな物、 あるいは細かな部分に 注意を向けるようになります。 例えば

記事を読む

子供の才能を引き出す教育の語源エデュカーレの意味とは?

お勉強と聞くと何をイメージしますか? 普通は、学校や塾で学ぶ、 教科書やプリント、参考書など 記憶したり問題を解いたり、

記事を読む

優等生の子供ほど将来反動で良いことより悪いことをしがち

心理学を学べば学ぶほど、 私たちの心は自由ではなく、 多くの制限がかかっているのだ、 と良く分かるようになります。 周り

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8