健康の為に本気で取り組みたい事、やる事の優先順位を決める事

健康の為に本気で取り組みたい事、やる事の優先順位を決める事
今回のテーマは、

健康の為に本気で取り組みたい事、
やる事の優先順位を決める事

について紹介します。

健康を維持する事は、

人生の中でも本当に
優先順位の高い事です。

が、その健康になる為に
やる事も考えればたくさんあります。

ここが曖昧になっていれば
行動に移せなくなるものです。

ここで以下の質問を考えてください。

「健康の為に本気で
取り組みたい事は何ですか?」

以前も紹介しましたが、

経営や仕事の事をテーマに
コーチングをしているはずが、

ときとして健康の事が
焦点になるケースもあります。

身体に異常が起きれば
仕事にも影響が出るので、

当然こうしたテーマにも
コーチとして可能な範囲で携わります。

ところが、

私が医師や専門家ではない
と言う事は別問題として、

この種のテーマを扱う事は、

コーチングを受ける人自身に
とっても容易ではありません。

それは、仕事の事に比べて、
どうしても行動の優先順位が
下がってしまうからです。

スポンサーリンク

健康の為に本気で取り組みたい事は?

ちょっと体調が悪かったりすると、

瞬間的に優先順位が上がります。

でも、ヘルスケアは地道な
努力の積み重ねがあればこそ、
なのです。

いったん決意はしても、

翌週その事に話を向けると、

「ああ、あれはちょっと
急に忙しくなったもので…」

などと、トーンダウンして
しまう人が多いです。

「本気」になれることを、
いかにハッキリさせるかが重要です。

健康の為に本気で取り組みたい事を
しっかりやる事を決める事が重要です。

ここでで以下の質問に答えてください。

「何を、どのくらい続けると、
どんな成果を確実に出す事ができますか?」

健康の為にやる気を引き出す方法

強引に将来を断定する質問ですから、

答えるのが難しいと
感じるかもしれません。

でも、そのくらいの
思い込みがないと、

中年になってからの
健康と言うテーマは、

成果に結びつけるものには
なりにくいのです。

確実な結果がイメージできれば、

当然、やる気は高まります。

これは以前も触れた
目標設定の基本です。

どうしても不確実であれば、

前回のどんなノウハウが必要か?

という質問にもしっかり
答えるようにしてください。

どんな知識やノウハウを
身につければ、

予測の確実性が高まるか
を考えてください。

やる事の優先順位が決まらない人

こう言う時に厄介なのは、

むしろ好奇心旺盛で
気の多い人です。

「ヨガもやってみたいし、
ウォーキングにも興味がある。

でも友人に山登りが好きな人がいて、
サークルに入らないかと
誘われているんですよ。

どうしようかなあ、、」

これは私のクライアントさんの
一人の話です。

特に今の時代はテレビでも雑誌でも
魅力的なノウハウの情報が
溢れています。

あれもこれも手を出して、

あれこれ対象に話が
移りまくるうちに、

そもそもの目的を
忘れてしまいます。

健康になる為にやる事は
何かと言う事です。

健康の為にやる事の優先順位を決める事

趣味の話なら良いのですが、

ここでのテーマは健康維持の
為に何をするかです。

ここで質問です。

「一番出したい結果は
どんなものですか?」

気の多い人は、どうぞ
この質問に答えてください。

もしも結果より手段に
気持ちが行くようなら、

健康維持は課題設定として
適切ではないと言う事でしょう。

時間は有限ですから、
あれもこれもする事はできません。

やる事の優先順位を決める事で

最も大切な事だけに
フォーカスする事ができます。

ここが思い浮かばないなら、、

つまりあなたにその準備が
できていないか、または
今その必要はないと言う事でしょう。

「体の中から気分爽快と
言えるような状態になりたい。

そうですね。

それが目的だから、まず
ヨガのレッスンにでも行って見ます」

これがクライアントさんの
答えでした。

今でも継続なされ、
本格的に学んでいるようで、
すばらしいと思います。

健康の為に本気で取り組みたい事を
まずは明確にする事が重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>